よくある質問~鍼の痛みについて~

肩の鍼治療最近様々なメディアで鍼灸が取り上げられていることもあり、鍼治療に関心を示す方が増えているようです。

 

しかし、鍼を受けたことがない人からすると

 

痛いんじゃないか?

感染の心配は?

何に効くの?

 

など分からないことだらけですよね。

 

なかでも「痛くないかどうか」は鍼を受けたことがない人にとって最も気になることでしょう。

実際、鍼が初めての方からはほぼ確実に聞かれますので、ここで鍼の痛みについて簡単に解説したいと思います。

 

 

鍼によって生じる痛みには

 

①チクッとする鋭い痛み

②ズーンと響くような鈍い痛み

 

の二種類があります。

 

 

①のチクッとする痛みは注射をイメージしてもらうと分かり易いでしょう。

このタイプの痛みは、細い鍼を使うことでほぼ無くすことが可能です。

また、多少太い鍼でもうまく打てばかなり痛みが出る確率を抑えることができます。

 

②のズーンと鈍い痛みは鍼の響きと言われるもので、ツボに当った感覚と言えば何となくイメージできるでしょうか。

 

①は不快でしかないですが、②は「痛いけど気持ちがいい」と表現されることも多く、この響きの感覚を不快と感じるか心地よいと感じるかは人それぞれです。

響きを不快と感じてしまう人にとっては響きを重視する鍼は耐え難く不向きですし、反対に響きが好きな人にとって響かない鍼は物足りないと感じてしまうでしょう。

私の経験上、鍼は痛そうというイメージを持っていても実際に受けてみると大したことなかったと言う人が大半ですが、こればかりは体験してみないことにはわかりません。

 

もしあなたが鍼に興味を持っているなら、思い切って鍼灸院を訪ねてみてください。そして困ったときに頼れるあなたに合った先生を見つけて欲しいと思います。

 

☟参考動画☟

 

LINE無料相談受付中!友達登録はこちら☟

友だち追加

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です