椎間板ヘルニアの手術はするべき?

椎間板ヘルニアとは?

ヘルニアとは、組織が正常な位置からはみ出した状態を意味します。椎間板ヘルニアは背骨と背骨の間のクッションである椎間板の一部が飛び出た状態で、これが神経を圧迫して痛みやシビレが出現すると考えられています。

通常はヘルニアが見つかったからといって即手術とはなりません。運動麻痺や排尿・排便障害のある場合を除き、まずは保存療法で様子をみるというのが一般的ですが、数か月にわたる保存療法で効果が認められず、強い痛みがあれば手術を勧められることになるかと思います。

 

手術に伴う費用

厚生労働省のある調査(平成27年度)によれば椎間板障害の治療費は平均で約51万円だそうです。これは手術と手術以外の治療の平均額で、手術を選択した場合にはこの平均額よりも高くなる可能性があります。入院に伴う諸費用や手術後のリハビリ費用なども合わせるとトータルで100万円を超えるケースも少なくありません。保険が適応されれば自己負担額は1~3割で済みますが、それでも安い金額とは言えないのではないでしょうか。

 

椎間板ヘルニア手術はするべき?しないべき?

手術

治療の選択肢として手術を考えるとき、注意すべき点があります。それは費用や改善率、再発や再手術の可能性、手術に伴うリスクなどをしっかりと把握しておくということです。これらを曖昧なまま手術に踏み切って後悔することにならないよう、分からないことは事前に確認しておきましょう。

そもそも論になりますが、ヘルニアは健常者にも同程度の割合で見つかるという研究データもありますから、ヘルニアと症状の間に因果関係はないとも考えられるわけです。
椎間板ヘルニアの手術をするべきかどうかの最終的な判断はご本人に委ねられます。本当に手術でないとダメなのか、高額な医療費をかける価値があるのかなどを慎重に検討し、後悔のない選択をしてください。

 

 

☟手術を迷っている方、避けたい方の参考までに☟

 

——————————————————————————

LINE無料相談はこちらから☟

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です