神経障害性疼痛とリリカ

リリカ(一般名「プレガバリン」)という薬をご存知でしょうか?

リリカは神経障害性疼痛と線維筋痛症の疼痛に対して効果があるとされている薬で、私の知る限りでもかなりの人数が首や腰のヘルニア脊柱管狭窄症などでこの薬を処方されています。

リリカは副作用の強い薬として知られており、服用者の話を聞く限りでも副作用を自覚する人の割合は多く、その症状は頭痛や吐き気、めまいなど多岐に渡ります。

 

因みにこの薬は日本国内で最大の売上を誇るほど多用されていますが、英国では乱用による死亡を防ぐために規制の対象となりました。

 

 

リリカの副作用が悪目立ちしてしまう背景には「帯状疱疹後神経痛」「脊髄損傷後疼痛」「糖尿病性神経障害に伴う疼痛」「線維筋痛症」という効能が実証された4つの疾患から「神経障害性疼痛」という曖昧な疾患に適応が拡大されてしまった現実があります。

坐骨神経痛など、本来の適応疾患以外で服用する際は副作用に見合うだけの効果があるか慎重に検討するべきだと思います。

 

こちらの記事も参考にどうぞ☟

乱用される国内販売トップの鎮痛薬「リリカ」

 

 

———————————————————————————–

 

☟ご質問・ご相談はLINEでお気軽にどうぞ☟

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です