鍼灸の補助的施術「吸い玉」について

吸い玉

今回は当院でも受けられる方が多い「吸い玉」をご紹介します。

 

吸い玉は吸角とも呼ばれ、循環の改善、凝りやむくみなどに対して効果があると言われている施術です。カッピングと言えばイメージできる方もいるかもしれませんね。
吸い玉は鍼灸院では比較的よく用いられる施術で、当院では鍼灸の補助として用いるだけでなく筋膜リリース的な特殊な使い方をする場合もあります。

 

竹の吸い玉

竹の吸い玉(中国の病院にて)

 

多くの施術、例えばマッサージなどが身体の外→内への刺激であるのに対し、吸い玉は容器の中を陰圧にすることで皮膚を容器内に引っ張り上げる内→外への刺激となります。そういった意味では珍しい施術だと言えます。

 

五十肩の吸い玉

吸い玉施術例(五十肩)

 

吸い玉の難点はアザが残ってしまうことです。もちろん個人差もありますし、時間が経てば完全に消えてしまいますが。。

 

吸い玉でできたアザ(当日)

吸い玉によるアザ(当日)

 

写真を見てもらっても分かるように吸いつけた箇所全て一律にアザが残るわけではなく、循環の悪い箇所ほど濃い色が残ります。
このアザが消えるまでの期間は通常10日前後です。

 

吸い玉でできたアザ(5日後)

吸い玉によるアザ(5日後)

 

吸い玉でできたアザ(8日後)吸い玉によるアザ(8日後)

 

吸い玉でできたアザ(12日後)

吸い玉によるアザ(12日後)

 

再度施術をするとまたアザが残りますが、何度か繰り返すうちにアザ自体が残りにくくなっていきます。

 

吸い玉はマッサージなどとは一味違った独特の心地よさで、当院でも男女問わずご好評頂いている施術です。鍼灸治療との相性も良いのでアザを気にしない方は是非一度お試しください。

 

 

=================================

 

LINE無料相談受付中!友達登録はこちら☟

友だち追加

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です