タグ別アーカイブ: 椎間板ヘルニア

坐骨神経痛もどき

腰・下肢

坐骨神経痛なのに神経に問題がない? お尻から脚にかけての痛みやシビレ、所謂「坐骨神経痛」を伴う疾患の代表として椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、梨状筋症候群などが挙げられます。   いずれのケースでも痛み止めを出されるのが一般的ですが、薬では痛みが止まらずに長期間苦しむ人も多く、痛みに耐えかねて手術をする人や何度も手術を繰り返す人も大勢おられます。   そんな厄介な「坐骨神経痛」ですが、実は神経痛でないことが多いのをご存知でしょうか?   坐骨神経痛なのに神経痛じゃないなんて不思議に思うかもしれませんが、これは紛れもない事実です。     坐骨神経痛“もどき”と筋・筋膜痛 例えばお尻の筋肉が何らかの原因で痛むことで、坐骨神経痛とそっくりの症状が現れることがあります。   私自身、実験的に高張食塩水(痛みの実験にも用いられる、体液より浸透圧の高い食塩水)の注射を自分のお尻の筋肉に打ったことがありますが、注射を打ったところから足首あたりまで見事に痛みが広がっていくのを体感しました。 このとき注射を打ったところは坐骨神経からはかなり離れていたので高張食塩水が坐骨神経に作用したとは到底考えられません。にもかかわらず坐骨神経痛様の症状が引き起こされたのです。   この痛みは筋肉(筋膜)由来の関連痛であり、坐骨神経が刺激された痛みではありません。つまり坐骨神経痛“もどき”です。   鍼灸臨床において椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症による坐骨神経痛の改善が特段珍しくもない理由は、その大半が“もどき”だからと考えると矛盾がありません。本当に神経圧迫に起因する坐骨神経痛であれば、鍼灸では到底手に負えないからです。     手術をすべきかどうか 素人目に見ても異常だと思えるような画像所見でも、手術をせずに(神経への圧迫を取らずに)痛みがなくなることはよくあります。逆に、手術で痛みが取れたと喜んでいても、時間と共に手術前と同レベルの状態に戻ってしまうこともあります。   検査で明らかな異常が見つかれば手術をしなければならないと思うかもしれません。しかし手術は飽くまでも選択肢の一つに過ぎません。排尿・排便障害や下肢の麻痺があれば手術を迷っている暇はありませんが、そこまでの坐骨神経痛は稀だと言われています。   こうした症状を含む危険な兆候を除外できれば、手術をせずに解決できる可能性はあります。   「一刻も早く痛みから解放されたい。でもできれば手術をせずに治したい」   これが多くの人の本音ではないでしょうか。   あなたもそう思っているなら、手術を検討する前に筋・筋膜痛という観点から治療を見直してみるのもいいかもしれませんね。   長期的な目で見れば、手術をしてもしなくても結果は同じかもしれませんよ。   さぁ、あなたはどうしますか?   ☟ご質問・ご相談はLINEでお気軽にどうぞ(^^)    続きを読む

神経障害性疼痛とリリカ

腰・下肢

リリカ(一般名「プレガバリン」)という薬をご存知でしょうか? リリカは神経障害性疼痛と線維筋痛症の疼痛に対して効果があるとされている薬で、私の知る限りでもかなりの人数がヘルニアや脊柱管狭窄症など、所謂坐骨神経痛の症状に対してこの薬を処方されています。   リリカは副作用の強い薬として知られ、その症状は頭痛や吐き気、めまいなど多岐に渡ります。 当院でも服用者には必ず副作用の有無を確かめるようにしていますが、中にはふらつきによる転倒・骨折など深刻な問題につながった例もありました。   因みにリリカは日本国内で最大の売上を誇るほど多用されている薬ですが、英国では乱用による死亡を防ぐために規制の対象となっています。     リリカの副作用が悪目立ちしてしまう背景には「帯状疱疹後神経痛」「脊髄損傷後疼痛」「糖尿病性神経障害に伴う疼痛」「線維筋痛症」という効能が実証された4つの疾患から「神経障害性疼痛」という曖昧な疾患に適応が拡大されてしまった現実があります。 坐骨神経痛などの本来の適応疾患以外で服用する際は、副作用に見合うだけの効果があるか慎重に見極める必要がありそうです。   こちらの記事も参考にどうぞ☟ 乱用される国内販売トップの鎮痛薬「リリカ」   ☟ご質問・ご相談はLINEでお気軽にどうぞ     タニダ鍼灸治療院では坐骨神経痛に関するご相談を随時受け付けております。お気軽にご相談ください。   お問い合わせはこちら 電話・LINE・メールに対応    続きを読む

椎間板ヘルニアの手術はするべき?

腰・下肢

椎間板ヘルニアとは? ヘルニアとは、組織が正常な位置からはみ出した状態を意味します。椎間板ヘルニアは背骨と背骨の間のクッションである椎間板の一部が飛び出た状態で、これが神経を圧迫して腰痛や坐骨神経痛が出現すると考えられています。 通常はヘルニアが見つかったからといって即手術とはなりません。運動麻痺や排尿・排便障害のある場合を除き、まずは保存療法で様子をみるというのが一般的ですが、数か月にわたる保存療法で効果が認められず、強い痛みがあれば手術を勧められることになるかと思います。   手術に伴う費用 厚生労働省のある調査(平成27年度)によれば椎間板障害の治療費は平均で約51万円だそうです。これは手術と手術以外の治療の平均額で、手術を選択した場合にはこの平均額よりも高くなる可能性があります。 入院に伴う諸費用や手術後のリハビリ費用なども合わせるとトータルで100万円を超えるケースも少なくありません。保険が適応されれば自己負担額は1~3割で済みますが、それでも安い金額とは言えないのではないでしょうか。   椎間板ヘルニア手術はするべき?しないべき? 治療の選択肢として手術を考えるとき、注意すべき点があります。それは費用や改善率、再発や再手術の可能性、手術に伴うリスクなどをしっかりと把握しておくということです。 これらを曖昧なまま手術に踏み切って後悔することにならないよう、分からないことは事前に確認しておきましょう。   そもそも論になりますが、ヘルニアは健常者にも同程度の割合で見つかるという研究データもありますから、ヘルニアと症状の間に因果関係はないとも考えられるわけです。 椎間板ヘルニアの手術をするべきかどうかの最終的な判断はご本人に委ねられます。本当に手術でないとダメなのか、高額な医療費をかける価値があるのかなどを慎重に検討し、後悔のない選択をしてください。   ☟手術を迷っている方、避けたい方の参考までに☟   ☟LINE無料相談はこちら    続きを読む