タグ別アーカイブ: 首こり

肩こり(首こり)と眼球運動

首・肩

肩こり(首こり)と姿勢 肩こり(首こり)持ちのほとんどが気にしていると言ってもいい不良姿勢。 対策としてパソコンのディスプレイの位置、座り方、スマホの持ち方などを自分なりに工夫している人も多いようです。   特定の筋肉が過剰に働いてしまう姿勢は首こり・肩こりに直結しますから、その対策として姿勢を意識することは間違いではないのですが   姿勢には気を付けているけど首も肩もツラい・・・   という人が沢山いるのも事実。   特にパソコンやスマホの長時間使用など、目を酷使する人が肩こりを改善するには姿勢の修正だけでは不十分だと考えるべきです。     眼球運動で活動する筋肉 後頭部の深部には後頭下筋群(上図)と呼ばれる筋肉群が存在します。 大後頭直筋(青)、小後頭直筋(茶)、上頭斜筋(緑)、下頭斜筋(赤)の4種の筋肉で構成される後頭下筋群は主に顔を上や横に向ける動作で働く筋肉なのですが、この後頭下筋群は眼球運動と連動して収縮することが知られています。   試しに自分の後頭部の骨のすぐ下を親指で押さえたまま目を動かしてみてください。場所が間違っていなければ後頭下筋群の収縮をわずかに感じることができるはずです。     後頭下筋群のケア 後頭下筋群の収縮と眼球運動との連動は無意識下でコントロールされていて、後頭下筋群を使わずに眼球だけを動かすことはできません。つまり、どれだけ姿勢に気を付けていても、目の酷使を続ける限りコリの蓄積は避けられないということです。   当院でも上記の症状に対しては必ず後頭下筋群の状態を確認しますが、コリがない人はほぼいません。 後頭下筋群は首の痛み・こり感、頭痛、めまいなどの原因となる筋肉なので、これらの症状がある場合は後頭下筋群を意識的にケアするようにしましょう。   首の深部に位置する後頭下筋群はストレッチなどではほぐれにくいため、コリをダイレクトに刺激できる鍼治療がおすすめです。 頑固な首こり・肩こり・眼精疲労でお悩みの方、鍼灸の経験がない方は是非鍼灸のケアを体感してみてください。   LINE無料相談受付中! 友達登録はこちら☟    続きを読む

めまいと首こり

首・肩

めまい発生!何科を受診する? めまいはグルグルと景色が回転するように感じる回転性のめまい、フワフワとした感じの浮動性めまい(めまい感)に大別されます。   めまいを発症したとき何科を受診すべきか迷うことも多いようですが   物が二重に見える 呂律がまわらない 顔や手足のシビレを伴っている 手足に力が入らない 失神、意識が遠のく   といった症状を伴う場合は危険なめまいの可能性があります。その際は速やかに脳神経外科や神経内科を受診しましょう。 上記症状がなく、めまいのみ又は耳の症状(耳鳴り、耳閉感、聴こえづらさ等)を伴うめまいはまず耳鼻科で診てもらうとよいでしょう。     めまいはどのように起こるか? めまいは姿勢や運動を認識する機構に異常が生じることで起こります。   姿勢や運動は   ①内耳 ②目 ③筋肉・関節   からの情報を   ④脳   が統合・処理することで認識されます。 ①~③のいずれかに問題が生じると正常な情報と誤った情報が入り乱れることになり、結果としてめまいを自覚すると言われています。 また④の異常により情報処理がうまくできない場合にもめまいが起こります。     めまいと首こりの関係 めまいといえば脳や耳の異常だと思われがちですが、脳の検査でも異常が見つからず、かといって耳鼻科にかかってもなかなか良くならないという方が多いのも事実です。 こうしたケースでは特に首回りの筋肉の異常(首こり)を認めやすく、筋肉・関節から脳へ異常な情報が送られることでめまいが生じている可能性が高いと予想されます。 このタイプのめまいは特に鍼灸の効果が期待でき、首こりの治療で非常に有名な医師も鍼灸を取り入れているくらいです。     まとめ めまいの症状が現れたとき、先ず必要なのが危険なめまいかどうかの判別です。 危険なめまいでなければ最初に疑われるのは内耳の問題ですが、コリとめまいの関係も考慮する必要があります。 特に医療機関で然るべき治療を受けても改善しないようなケースではコリ由来の可能性が高く、本格的に対策を講じるべきでしょう。 頑固なコリは鍼の得意分野なので、鍼治療を取り入れてみるのもオススメです。 また、不規則な生活やストレス、疲労などもめまいを助長します。ご自身でも食事、睡眠、運動など日常生活を見直し、問題があれば改善していく努力も怠らないようにしましょう。     めまいについてはこちらもご覧ください。   LINE無料相談受付中! 友達登録はこちら☟    続きを読む