プロフィール

 

院長プロフィール写真

谷田 陽平

1979年2月15日生まれ

兵庫県川西市出身 二児の父

趣味:美味しいお酒探し、子供と遊ぶこと

鍼灸師(施術歴16年)

トリガーポイント研究会技術指導講師

関西医療学園専門学校非常勤講師

大阪医専非常勤講師

 

タニダ鍼灸治療院のホームページに訪問してくださりありがとうございます。

 

治療院を選ぶ際に「どんな人が施術をしているのか」「安心して施術を任せられるか」といったことが気になる方も多いと思いますので、ここで私自身のことを紹介させていただきます。是非お読みください。

 


出生~学生時代


1979年2月15日、兵庫県川西市で生まれ、3人兄弟の末っ子として皆に可愛がられて育ちました。

 

小学生の時にサッカーを習い始めてからはサッカーに明け暮れる日々。小・中・高を通してサッカーをするために学校に行っていたようなものでした。

 

一方で、年に数回はめまいや頭痛で学校を休むという一面も。特にめまいは耐え難く、乗り物酔いと並んで学生時代の悩みの種でした。

 


スポーツトレーナーを目指して


サッカーに明け暮れた学生時代が終わる頃、膝を痛めたことを切っ掛けにスポーツトレーナーに興味を持ち、高校卒業後はスポーツトレーナーを目指して元オリンピックトレーナーの先生の下で学ぶことに。その先生からトレーナー業務に力を入れている鍼灸接骨院を紹介されたのがこの業界に入る切っ掛けとなりました。

 


修行時代


親元を離れ、寮と職場を往復する毎日。仕事で疲れて帰っても食事の用意や洗濯は自分でしなければならず、親の有難さを痛感した社会人一年生の春。

 

入社した当時の院は大変忙しく、0歳から100歳位まで幅広い年齢層の方が連日200名以上訪れていました。最初は右も左も分からず、とにかく仕事を覚えるのに必死だったのを覚えています。

 

院内業務以外にも個人宅や高齢者施設への訪問施術、トレーナー活動にも従事。

特にトレーナー活動ではトップリーグに所属するラグビーチーム、甲子園常連校の野球部、相撲部屋、地域のサッカークラブなど、多くのアスリートに関わることができ、忙しいながらも充実した毎日を過ごすことができました。

 


施術家としての転機


鍼灸の免許を取得したての頃は、多種多様な症状に対応すべく色々な施術を学んでいました。しかし、どの施術もあまりパッとせず、「施術家としてこの先やっていくことができるのか・・・」と、不安ばかりが膨れ上がっていきました。

 

そんな状況を一変させたのが、トリガーポイント療法の第一人者である黒岩共一氏との出会いです。この出会いが転機となり、施術の核となる技術としてトリガーポイント療法を本格的に学ぶことになります。

 


新天地~講師業~開業


中国への短期留学で本場の鍼灸に触れ、自身の学びの方向性が間違いでないことを確信した私は、8年勤めた鍼灸接骨院を退社し、更なる経験を積むためにクリニックという新たな環境に身を投じました。

 

結婚し、子供が生まれてからは講師活動にも精力的に取り組むようになります。
2012年よりトリガーポイント研究会の技術指導講師、翌年から大阪医専非常勤講師、その翌年からは関西医療学園専門学校非常勤講師と、活動の幅が年々拡大していきました。

 

更に同時期に訪問施術を開始。その後、堺市中区にて週末営業の鍼灸院を開業し、現在の完全独立に至ります。

 


トップページ / 初めての方へ / プロフィール / よくあるご質問 / 来院者の声 / 施術料金 / アクセス / お問い合わせ / ブログ / 免責事項

 

Copyright (C) 2019 タニダ鍼灸治療院 All Rights Reserved.