月別アーカイブ: 2020年2月

東洋医学 ホントの力

未分類

東洋医学 ホントの力 先日、NHKで『東洋医学 ホントの力』という番組が放送されました。 以前に放送された番組の第二弾ということで、今回は「冬に起こりやすい心身のトラブル」がテーマ。 冷え性、頭痛、転倒予防、うつを題材とした鍼灸中心の構成となっていました。   番組で紹介されたツボが掲載されているページを見つけたので、興味のある方はチェックしてみてくださいね。   ☟参考ページ☟ 頭痛・心・美容&健康のツボ 転倒予防におすすめおすすめ!太極拳 冷え性 セルフチェック&タイプ別ツボ押し 鍼灸によるうつ病の治療     テレビや雑誌の情報を鵜呑みにしない 今回のように鍼灸のことが取り上げられるのは素直に嬉しく思います。これをきっかけに鍼灸を受ける方も一定数おられるでしょうし、何より鍼灸に関心を持つ人が増えるのはありがたいことですから。   ただ、テレビや雑誌で見た治療法や治療の結果を求められても困るというのが多くの鍼灸師の本音だと思います。 個人差がある以上、同じようにやっても期待通りの結果になるとは限りませんし、そもそも対応できないこともあるからです。   番組で紹介されていたような「この症状にはこのツボ」というやり方は、セルフケアとしてツボ刺激をする場合にはいいのですが、実際の鍼灸治療では必ずしもそのような型に当てはめたやり方をするとは限りません。 同じ症状でも鍼灸師によって診たても違えば選択するツボも違うので、下手にテレビや雑誌で見たことをお願いすると鍼灸治療そのものを断られる可能性すらあります。   もちろん希望通りにやってくれる先生もいると思いますが、鍼灸治療を受ける際には上記のことをよく理解したうえで依頼するようにしましょう。   ☟ご質問・ご相談はLINEでお気軽にどうぞ(^^)      続きを読む

坐骨神経痛もどき

腰・下肢

坐骨神経痛なのに神経に問題がない? お尻から脚にかけての痛みやシビレ、所謂「坐骨神経痛」を伴う疾患の代表として椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、梨状筋症候群などが挙げられます。 いずれのケースでも痛み止めを出されるのが一般的ですが、薬では痛みが止まらずに長期間苦しむ人も多く、痛みに耐えかねて手術をする人や何度も手術を繰り返す人も大勢おられます。   これらの「坐骨神経痛」の多くが実は神経痛ではない可能性が高いことをあなたはご存知でしょうか? 坐骨神経痛が神経痛じゃないとはどういうことか、疑問に思うかもしれませんが、これは紛れもない事実です。     坐骨神経痛“もどき”と筋・筋膜痛 例えばお尻の筋肉が何らかの原因で痛むことで、坐骨神経痛とそっくりの症状が現れることがあります。   私自身、痛みの実験に使用する食塩水注射をお尻の筋肉に打ったことがありますが、見事に痛みが足首あたりまで広がりました。 このとき注射を打ったのは坐骨神経から離れたところにある筋肉だったので、食塩水が坐骨神経に作用したとは到底考えられません。にもかかわらず坐骨神経痛様の症状が引き起こされたのです。   坐骨神経痛に苦しむ人は大勢いますが、その大半は神経ではなく筋肉(筋膜)由来の坐骨神経痛“もどき”だと考えられます。     手術をすべきかどうか 素人目に見ても異常だと思えるような画像所見でも、手術をせずに(神経への圧迫を取らずに)痛みがなくなることはよくあります。逆に、手術で痛みが取れたと喜んでいても、時間と共に手術前と同レベルの状態に戻ってしまうこともあります。   検査で明らかな異常が見つかれば手術をしなければならないと思うかもしれません。しかし手術は飽くまでも選択肢の一つに過ぎません。排尿・排便障害や下肢の麻痺があれば手術を迷っている暇はありませんが、そこまでの坐骨神経痛は稀です。   こうした症状を含む危険な兆候を除外できれば、手術をせずに解決できる可能性は十分にあります。   「一刻も早く痛みから解放されたい。でもできれば手術をせずに治したい」   これが多くの人の本音ではないでしょうか。   あなたもそう思っているなら、手術を検討する前に筋・筋膜痛という観点から治療を見直してみるのもいいかもしれませんね。   長期的な目で見れば、手術をしてもしなくても結果は同じかもしれませんよ。   さぁ、あなたはどうしますか?   ☟ご質問・ご相談はLINEでお気軽にどうぞ(^^)    続きを読む