肩こり(首こり)と眼球運動

肩こり(首こり)と姿勢

不良姿勢

肩こり(首こり)持ちのほとんどが気にしていると言ってもいい不良姿勢。
対策としてパソコンのディスプレイの位置、座り方、スマホの持ち方などを自分なりに工夫している人も多いようです。

 

特定の筋肉が過剰に働いてしまう姿勢は首こり・肩こりに直結しますから、その対策として姿勢を意識することは間違いではないのですが

 

姿勢には気を付けているけど首も肩もツラい・・・

 

という人が沢山いるのも事実。

 

特にパソコンやスマホの長時間使用など、目を酷使する人が肩こりを改善するには姿勢の修正だけでは不十分だと考えるべきです。

 

 

眼球運動で活動する筋肉

後頭部の深部には後頭下筋群(上図)と呼ばれる筋肉群が存在します。
大後頭直筋(青)、小後頭直筋(茶)、上頭斜筋(緑)、下頭斜筋(赤)の4種の筋肉で構成される後頭下筋群は主に顔を上や横に向ける動作で働く筋肉なのですが、この後頭下筋群は眼球運動と連動して収縮することが知られています。

 

試しに自分の後頭部の骨のすぐ下を親指で押さえたまま目を動かしてみてください。場所が間違っていなければ後頭下筋群の収縮をわずかに感じることができるはずです。

 

 

後頭下筋群のケア

後頭下筋群の収縮と眼球運動との連動は無意識下でコントロールされていて、後頭下筋群を使わずに眼球だけを動かすことはできません。つまり、どれだけ姿勢に気を付けていても、目の酷使を続ける限りコリの蓄積は避けられないということです。

 

当院でも上記の症状に対しては必ず後頭下筋群の状態を確認しますが、コリがない人はほぼいません。
後頭下筋群は首の痛み・こり感、頭痛、めまいなどの原因となる筋肉なので、これらの症状がある場合は後頭下筋群を意識的にケアするようにしましょう。

 

首の深部に位置する後頭下筋群はストレッチなどではほぐれにくいため、コリをダイレクトに刺激できる鍼治療がおすすめです。

頑固な首こり・肩こり・眼精疲労でお悩みの方、鍼灸の経験がない方は是非鍼灸のケアを体感してみてください。

 


LINE無料相談受付中!
友達登録はこちら☟

友だち追加