月別アーカイブ: 2019年5月

魔女の一撃

腰・下肢のお悩み

魔女の一撃って何だかわかりますか? あなたも経験したことがあるかもしれませんが、ぎっくり腰(急性腰痛)のことを欧米では『魔女の一撃』と表現するそうです。   もしも魔女の一撃で身動きも取れないほどの痛みに襲われたら...  あなたは正しい対処ができるでしょうか?   間違った対処は回復を遅らせることなりかねません。 もしもの時のために最低限の対処法を知っておく必要があります。     一般的なぎっくり腰の対処法として   ・安静にする ・コルセットの着用 ・シップを貼る ・ストレッチ ・冷やす   などが知られています。     色々な対処法がある中で、絶対的にこの方法がいいというものはありませんが、最近では「動かして治す」という考え方が常識となりつつあります。 以前は安静にして過ごすのが正しい対処法とされていましたが、それは良くないと言われるようになってきたんです。 実際、様々な研究から3日以上の安静は普段どおりに過ごすのに比べて経過が悪いということがわかっています。痛くても可能な範囲で動かすことが重要なんですね。      動かすという意味で体操やストレッチなども積極的に取り入れると良いでしょう。 体操やストレッチにも色々なやり方がありますが、上体を反らす、前に曲げる、捻るなど無理なくできるもので結構です。   「自分にはどの方法がいいのか分からない」 「悪化したらどうしよう・・・」   などと考えるばかりで何もしないよりは、色々試してみて無理なくできることを続けるべきだと思います。     痛みがきついとどうしてもジッとしている時間が長くなりがちですが、骨折や麻痺などの重大な問題がなければ痛みを恐れず動かしてあげることが回復への近道です。 もちろん病院や鍼灸院、整骨院などで痛みの処置をするのもいいですが、依存し過ぎて自分で動かすことを怠らないようにしましょう。   ----------------------------------------------------------------------------------- LINE無料相談はこちらから☟ 続きを読む

椎間板ヘルニアの手術はするべき?

腰・下肢のお悩み

椎間板ヘルニアとは? ヘルニアとは、組織が正常な位置からはみ出した状態を意味します。椎間板ヘルニアは背骨と背骨の間のクッションである椎間板の一部が飛び出た状態で、これが神経を圧迫して痛みやシビレが出現すると考えられています。 通常はヘルニアが見つかったからといって即手術とはなりません。運動麻痺や排尿・排便障害のある場合を除き、まずは保存療法で様子をみるというのが一般的ですが、数か月にわたる保存療法で効果が認められず、強い痛みがあれば手術を勧められることになるかと思います。   手術に伴う費用 厚生労働省のある調査(平成27年度)によれば椎間板障害の治療費は平均で約51万円だそうです。これは手術と手術以外の治療の平均額で、手術を選択した場合にはこの平均額よりも高くなる可能性があります。入院に伴う諸費用や手術後のリハビリ費用なども合わせるとトータルで100万円を超えるケースも少なくありません。保険が適応されれば自己負担額は1~3割で済みますが、それでも安い金額とは言えないのではないでしょうか。   椎間板ヘルニア手術はするべき?しないべき? 治療の選択肢として手術を考えるとき、注意すべき点があります。それは費用や改善率、再発や再手術の可能性、手術に伴うリスクなどをしっかりと把握しておくということです。これらを曖昧なまま手術に踏み切って後悔することにならないよう、分からないことは事前に確認しておきましょう。 そもそも論になりますが、ヘルニアは健常者にも同程度の割合で見つかるという研究データもありますから、ヘルニアと症状の間に因果関係はないとも考えられるわけです。 椎間板ヘルニアの手術をするべきかどうかの最終的な判断はご本人に委ねられます。本当に手術でないとダメなのか、高額な医療費をかける価値があるのかなどを慎重に検討し、後悔のない選択をしてください。     ☟手術を迷っている方、避けたい方の参考までに☟   ------------------------------------------------------------------------------ LINE無料相談はこちらから☟ 続きを読む

なぜ改善しないの?

未分類

「病院とか整骨院に色々通ってみたんですが良くなりません。先生ならどうにかできますか?」   このような問い合わせがたまにあります。   頑張って通院しているのになかなか良い結果が付いてこない・・・   そんなとき   施術が悪い 自分に合わない 先生が下手だ   という風に考えてしまうのはごく自然なことかもしれません。   もちろん施術者側の問題ということも多々ありますが、施術を受ける人にも見直して欲しいことがいくつかあります。もしも施術を受ける人に問題があった場合、どこに行ってもなかなか結果に結びつかない可能性が高いからです。   通院先を転々と変えている方は是非確認してみてください。       LINE無料相談はこちらから☟  続きを読む